社長あいさつ

更なる発展にむけて

当社の歴史は、1662年(寛文2年)、長野県上諏訪の地で清酒「真澄」の酒造業として始まり、その優れた醸造技術を応用し「人の健康に貢献する事業を始めたい」という創業の精神にもとづき、1916年に同じく上諏訪の地で味噌製造を開始しました。

当社は創業350年以上の老舗企業ですが、その歴史は常に革新の連続でした。ビタミン入り味噌の発売がその第一歩。衛生的な袋詰め味噌の発売が二歩目です。またキャラクター「み子ちゃん」によるブランドの展開で、知名度が格段にアップしました。その後も、フリーズドライ味噌製品、減塩味噌、そして塩分0%の無塩味噌の製品化、業界最初の米国営業所の設立、インドネシアでのハラール認証獲得など、つねに挑戦し、途切れることなく成長をしてまいりました。

2016年9月5日、当社は更なる飛躍と発展をめざし、連結子会社としてサッポロホールディングスの傘下にはいりました。また2017年7月1日より社名を「宮坂醸造株式会社」より「神州一味噌株式会社」、コーポレートメッセージを「毎日に、おいしいさと健康を」に変更しました。

サッポログループビジョンである『世界に広がる「酒」「食」「飲」で個性かがやくブランドカンパニーを目指します』の中で、「食」を担う事業会社として、サッポログループとのシナジーを最大限活かしながら、「神州一味噌」ブランドのもと、味噌事業、即席味噌汁事業、FD事業の拡大を通じて、お客様の毎日の生活に、質の高い「おいしさと健康」を毎日お届けしてまいります。

神州一味噌株式会社
代表取締役社長

宮坂 勇一郎